• キャッシング比較ガイド

審査が早い、低金利、即日融資など条件で選べるおすすめキャッシング

キャッシング比較ガイド

新聞をはじめ、インターネットなどのさまざまな媒体で、目にしない日はないというほどたくさんの広告が溢れているキャッシング。

キャッシングと聞くと、何となく「お金を借りることでは?」とは思うものの、詳しくどういうものなのかまでは知らないという方が多いようです。

そこで、キャッシングとはいったい何なのかを確認しておくことにしましょう。

キャッシングとは、消費者金融などの貸金業者による、個人への金銭貸し付け(小口融資)のことです。

キャッシングにはいくつかの種類があり、女性向けのレディースキャッシングや学生専用キャッシング、また無担保のものや有担保のもの、事業者向けのキャッシングなど、目的や用途によって選ぶべきキャッシングが変わってくることになります。

キャッシングでは、選ぶタイプや借り入れをする人の属性によって、あらかじめ借り入れることができる金額が審査によって決められる仕組みになっています。

そのため、基本的にはきちんと返済できる程度の額のみ借りられる設定となるので、一気に返せないほどのお金を借りて突然返せなくなってしまって困る、というような状況に陥ってしまう心配は当初はありません。

しかしながら、自分の収入や返済計画に合ったキャッシングを利用しているうちはいいのですが、それ以上の利用を続けていくと返済に困ってしまう状態に陥る可能性がないとは言えません。

キャッシングでお金を借りる際には、さまざまなタイプの中から自分のライフスタイルや返済スタイルに合ったものを選ぶ必要があるのです。


キャッシングとは

キャッシング比較ガイド

キャッシングとは、金融機関が個人に対して現金自動支払機などを通じて融資する小口金融のことを指します。

基本的には無担保で融資を受けることが可能で、使い方も自由なものが多いようです。

キャッシングを提供しているところには銀行や消費者金融、クレジット会社などがあり、基本的には個人向けですが、法人向けなどもあるようです。

借り入れ金額には利息が発生し利用日数が長くなると利息も増えていきます。

逆に利用日数が短いと利息も少額ですんだり、最初の数日は無利息というところも存在するようです。

キャッシングにはそれぞれ審査があります。各会社で一定の基準が定められており基準を満たしていないと融資を受けることは難しくなります。

審査には期間を有する場合がありますので事前にキャッシンッグカードを作っておくと良いでしょう。

キャッシングカードがあればATMなどを利用していつでもキャッシングや返済が行えるようになります。

キャッシングは上手に利用すれば急な場合などでも心強いものですが、使い方を間違えると大変なことになる可能性もありますので、注意しましょう。

融資を受けると必ず返済しなければいけない義務が生じますので、きちんとした返済計画を持って借り入れを行いましょう。


個人向と法人向

キャッシング比較ガイド

キャッシングの種類は、借入先や目的などによって分けられており、限度額や利息なども、キャッシングの種類によって異なります。

もともと銀行のキャッシングは、法人向けのものがほとんどでしたが、最近では個人向けにも行われるようになっています。

個人向けのキャッシングは、店頭やATMで短時間での審査が行われ、保証人や担保が必要ありません。

比較的簡単にキャッシング出来るため、金利が少し高めの設定になっています。

限度額は、10万円から100万円程度に設定されていることが多いですが、これ以上の高額融資を受ける場合は、担保が必要になる場合があります。

保証人や不動産を担保に設定して高額融資を受ける場合は、金利が比較的低く設定されるようです。

法人向けのキャッシングは、商工ローン会社を中心に行われています。

個人事業主や法人を対象にしたキャッシングは、限度額が高めで金利が低いのが特徴です。

会社の代表者や家族などの保証人や自宅や会社などの担保が必要になる場合もあります。

銀行や消費者金融などの金融機関によっても、種類が異なります。

限度額が100万円から500万円を高額の割には、金利が低く設定されているのが特徴です。

その分審査が厳しい場合が多いようです。

消費者金融のキャッシングは、限度額が少なめで金利が高いのが特徴です。

審査基準も低めで保証人や担保を要求されることがないため、すぐにお金が必要な場合に便利です。


申し込み方法

キャッシング比較ガイド

キャッシングの申込方法には、店頭申込、ATMでの申込、ネットや電話での申込があります。

申込方法に共通していることは、免許証などの身分証明書が必要になるところです。

キャッシングを店頭で申込する場合は、身分証明書と印鑑を持参しましょう。

店頭で必要な書類に記載、捺印して、キャッシングの申込手続きを行います。

キャッシングの審査が行われて、融資やキャッシングカードが発行されます。

審査の結果には、日数がかかることもあるため、申込前に確認するか、余裕を持ってキャッシングの申込をすることが大切です。

ATMでキャッシングの申込をする場合は、利用するキャッシング会社のATMがある店舗へ行きましょう。

店舗にあるATMの指示にしたがって、キャッシングの申込をしていきます。

ATMでの申込にも身分証明書が必要になるため、忘れずに持参しましょう。

キャッシングの申込が終わると審査が行われます。

無人機のATMでのキャッシングの審査は、即日行われることが多いため、審査が終了するとすぐにキャッシングカードが発行されます。

すぐにお金が必要な方は、ATMを使用してキャッシングの申込を行うと良いでしょう。

ネットや電話での申込は、キャッシング会社のホームページの専用フォームから申し込みを行います。

必要事項を入力して送信すると、審査が行われ、本人確認のメールや電話があります。

審査が通ると契約書が郵送されてくるので、内容を確認し身分証明書などの必要書類や必要事項を記入して返送します。

後日、契約書とカードが郵送されてきます。

ATMやネットでも申し込みは24時間受付してくれるので、店頭に行く時間がない方に便利な方法です。


返済方法

キャッシング比較ガイド

キャッシングの返済方法は、キャッシング会社によってさまざまですが、一般的には、口座引き落としや口座振り込み、店頭での返済などが主に行われています。

キャッシングを賢く利用するには、融資前に返済方法をきちんと知っておくことが大切です。

返済期日までに返済が完了しないようなキャッシングは生活を脅かすことになりかねません。

借り入れた金額にもよりますが、一般的なキャッシングの返済方法は翌月一括払いです。

キャッシングの金額に利息をプラスした額を翌月に返済する方法で、口座から引き落とされることが多いです。

キャッシング会社によっては、無利息期間を設けているところもあるため、無利息期間内であれば、利息は発生しません。

しかしキャッシングの金額が大きければ、一括で返済することは難しくなりますので以降は金利が発生します。

そのような場合は、リボルビング返済という分割払いで返済していくと良いでしょう。

返済金額によって返済回数が決まり、毎月の返済額を決めることで、計画的なキャッシングが行えます。

ただし、返済回数が多くなると利息も高くなるため、キャッシングした額よりもかなり多く支払わなければなりません。

キャッシングの返済方法には、残高に応じて毎月の返済額が変動する残高スライド返済もあります。

残高に応じて毎月の返済額が決まるため、リボルビング返済よりも早く返済することが可能になります。

しかし、返済期間が長いと毎月の負担額も高くなるので注意が必要です。

キャッシングは便利で、時には生活を助けてくれますが、返済方法をしっかり理解した上で利用することが重要です。


キャッシングの金利

キャッシング比較ガイド

利息制限法
融資金額 金利
10万円以下 年20%
10万円以上100万円未満 年18%
100万円以上 年15%

この法定以上の金利で契約すると貸付業者が罰せられたり、契約自体が無効になります。

(貸金業法が改正される前はこの利息制限法のほかに出資法の上限金利で融資する金融機関も多く、利息制限法と出資法の上限金利の差はグレーゾーン金利と呼ばれました。)

金融機関は利息制限法で定められた金利以下でそれぞれの商品ごとに金利を設定していますが、同じ商品でも融資金額や審査結果によって異なる場合があります。

例えば三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の場合(2011年10月現在)


利用限度額 500万円 400万円超
500万円未満
300万円超
400万円以下
250万円超
300万円以下
200万円超
250万円以下
借入利率 年4.6% 年5.6% 年6.1% 年7.1% 年8.1%
利用限度額 150万円超
200万円以下
100万円超
150万円以下
50万円超
100万円以下
10万円以上
50万円以下
借入利率 年9.6% 年11.6% 年12.6% 年14.6%

楽天銀行スーパーローンの場合(2010年10月現在)

利用限度額 500万円 350万円以上
500万円未満
300万円以上
350万円未満
借入利率 年4.9~7.8% 年4.9~8.9% 年4.9~12.5%
利用限度額 200万円以上
300万円未満
100万円以上
200万円未満
10万円以上
100万円未満
借入利率 年6.9~14.5% 年9.6~14.5% 年14.5%

上記のように一般的には利用限度額が大きいほど借入利率は低くなる傾向があります。

貸金業法の改正以降、優良顧客の囲い込みのために金利を引き下げる金融機関が多いので、より金利の低い業者の商品を賢く利用しましょう。


審査の通過基準

キャッシング比較ガイド

キャッシングの審査が通らない理由には、どのようなものがあるのでしょうか。

キャッシング審査には、ある程度の基準が決められており、それを満たしていなければ利用することが出来ません。

キャッシング審査に通らない理由で一番多いのは、他社での借入件数が多い場合です。

キャッシング会社の審査基準には、他社での借入が何件までと決められています。

件数は、キャッシング会社によって異なりますが、大手の会社ではほとんどが3件程度になっています。

4件を超えると審査を通過するのが難しくなり借りることが出来ない可能性も高まります。

キャッシング前に他社での借入が何件までなら大丈夫なのか、確認しておくことが大切です。

審査基準には、年収や勤続年数、居住年数なども関係してきます。

キャッシング出来る最低年収は、200万円以上で6ヵ月以上の勤続年数が必要です。

居住年数は1年以上と設定していることが多いようです。

裏付け情報が取りづらいため、ごまかして記入する方も多いようですが、なるべく本当の情報で審査を通過することが望ましいです。

キャッシングの審査では、過去にトラブルや延滞がないかどうかも確認されます。

過去にキャッシングトラブルがあった場合は、個人信用情報センターに記録が残っています。

トラブル内容によっては、審査基準が厳しくされることもあるようです。

また、キャッシングには、身分証明書が必要になります。

身分を証明する物がない場合や、自宅電話や携帯電話がない場合も審査を通過するのが難しいと言えるでしょう。




前の記事